数字は、宇宙からのメッセージ

数字は宇宙からのメッセージ。チャネリングとともにお伝えします。

【神話シリーズ①】木花咲耶姫と桜

こんにちは!実幸(みさき)です☆

ただ道楽で調べていた、日本神話、古代日本の真相。

ただ調べているだけだともったいない、

というより頭の中だけでは抱えきれなくなってきたので、

すこーしずつ書いていこうかと思います。

ただ、自分の備忘録の意味合いが強いので、

色々なところを端追ってありますので、ご了承ください。

 

 

 木花咲耶姫といえば

富士山の浅間神社に祀られている神さま。

古事記などでは、

瓊瓊杵尊ニニギノミコト)が一目ぼれをするほど、

儚げで、非常に美しい見目を持つ一方、

瓊瓊杵尊に自分の子供ではないとの疑惑をかけられて、

天津神の子なら火の中でも無事に生まれるはずです!!!」

と言って、戸のない産屋に自ら火を放ったりする、

気が強いというか、度胸があるというか、

強い軸を持った一面も描かれている神さまです。

(そこから火の神、安産の神としてお祀りしているところが

おおいようです)

 

古事記によれば、瓊瓊杵尊天照大神の孫(皇孫)であり、

曾孫が神武天皇

 

桜は日本の象徴のようなところもありますが、

その花を掲げる木花咲耶姫はまさに、

日本人のルーツそのものです。

 

 

 

木花はなぜ桜なのか

木花(このはな)は桜を指すと言われているのか。

 

 

時代背景的に、花と言ったら桜だから。

 

 

みたいな説もあるのですが、最近お気に入りのヲシテ文献のひとつ、

ホツマツタヱに面白い記述がありました。

こちらの方のHPが分かりやすかったので、

引用させていただきます。

indigoseal30.sakura.ne.jp

 

(一)アシツ姫とニニキネの出会い、婚約

の段から木花咲耶姫瓊瓊杵尊の出会いから

波乱の諸々について記載があります。

 

アシツ姫と言うのは、

木花咲耶姫の諱(いみな=本当の名前)のことです。

神阿多都比売、葦津姫と書いてあったり、

漢字はいろいろありますが、

どれも木花咲耶姫のことです。

 

誰かに謀られて、疑惑をかけられた咲耶姫は、

移動途中に置いていかれます。

後を追いかけるも、松坂までしかたどり着けず、

白子宮に戻り、誓いを立てます。

 

 

妬まれの 我が恥すすげ

この桜

昔 曽祖父

サクラウシ この木捧ぐ

大御神 大内に植えて

妹背の道 和る離るるを

計ります

 

桜 意あらば

我が孕み 他胤ならば

木 萎め 真胤ならば

生む時に 咲け」 と誓ひて

 

引用:

gejirin.com

 

 

ざっくり要約すると、

「桜が咲けば、瓊瓊杵尊の子供、

しぼめば瓊瓊杵尊の子ではないでしょう」

と桜の木を咲耶姫は白子宮に植えます。

 

f:id:xxharuyozukixx:20200905121407j:plain

写真ACさまより

 

その後、3つ子が生まれたのですが、

瓊瓊杵尊に文を送ったのに返事がなかったり、

(それでやけになって?)小屋に火を放って心中しようとしたり。

諸々の波乱の末、確かに白子宮の桜の花は毎日咲いて、

花が絶えなかったことから、彼女は

 

木花咲耶姫

 

と呼ばれるようになった。

 

 

と記述があります。

 

古事記では、瓊瓊杵尊と出会った際に

咲耶姫自身が名乗ってしまいますが、

この話がそのままでないにしても

似たような経緯があったと思うと、

 

神阿多都比売

木花咲耶姫

 

この2つの全く異なる名が着いたのも

なんだか納得できるような気がします。

 

で、神阿多都比売という名前にも、

桜の意味においてもまだまだツッコミどころがあるのですが、

あんまりやってると訳が分からなくなってしまうので、

今回はこのあたりで!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます☆

愛をこめて♡ 

 

 

 :::*:::*:::*《おしらせ》:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::

 

数秘術のZOOMセッション、始めました。

bankaryoran888.hatenadiary.com

 

不定期メルマガ始めました。

登録はこちらから 

 

〇HPを作りました👇

In the Secret room

セッション等の情報はこちらからご確認ください🍀

 

 

ブログランキング登録しました~!

▼▼▼愛の波動、受け取ったよって方はこちらからぽちっとしていただけると実幸が全力でサポートします!▼▼▼

 


人気ブログランキング

 

▼▼▼はてなに登録されている方で、
もっと記事を読んでみたいと感じた方は
こちらから読者登録よろしくお願いします。▼▼▼

 

 

コメントもお気軽にどうぞ!

 

:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::